規制とPS4その4

ゲームまとめ
c (1)

ちょいちょいご予約も入りだしたキャサリン・フルボディ
そんなキャサリン公式ツイッターにてこんなやりとりが・・・

どうやら規制問題で心配している方は少なくないようです。

まぁ・・・・当然かw
実は私この件、すこーし、心配してたんですよ、
その元になってたのが

『キャサリン・フルボディ』プロモ―ション映像 第2弾

のキャラのシルエットが次々登場するシーン(1:00くらい)
c (3)

c (2)

あまりにも不自然な光
正直、規制ガー、と騒がれていた頃なのでチョット嫌な予感がしていました。

正直言うと個人的にキャサリンに「エロ」は求めていません
が、
「大人の雰囲気」
は大事にしてほしい派です。
キャサリンてやっぱり(前作は)二股が話のキモで
それぞれ性格の全く違う小悪魔のようなキャサリンと「恋人との」キャサリンの間で
あたふたするヴィンセントをニヤニヤする大人のゲーム、
当然サムネの様なベッドシーンもあります、

でもこれは「エロ」ではなく
「雰囲気」として必要な物。
もし↑のシーンになった時

c (1)
(※加工しています。)
異常にランプが光を放っていたら皆様どう感じます?

メチャメチャ萎えません?
作品として大人が楽しむものなのに
「性的要素一切排除!」

な表現されたら・・・・・

正直、メーカー様もハードメーカー様も購入層は大体「判って」るんですから
買った人をガッカリさせるような物は作って欲しくないですね。
規制に関しては国内より海外の方が厳しい、
でもZ指定となれば洋ゲーのウイッチャーとかでフツーに〇〇〇
やっちゃってたりするんですから

国内のゲームでも雰囲気は大事にしてほしい物です。

//platform.twitter.com/widgets.js

Source: なりゆきゲーム屋ブログ
規制とPS4その4