PSクラシック、需要はいか程?

ゲームまとめ
PSm

一部で予約が始まった
プレイステーションクラシック、

実際需要の方はどれ位なのでしょう?
この手のコレクションハードに付いて回るのが
需要と供給のバランス
「需要」に対して「供給」追い付かなければ転売が横行し本当に欲しい人が買えなくなってしまうし
かといってジャンジャン作っても結局需要を過ぎれば後は倉庫に眠る事になってしまう。
特に現役ゲーム機と違い「ずっと売れる」状況の物ではないので「作りすぎても」メーカー様には
ちっともうま味が無い(むしろマイナス)に転ぶことが多い

なのでこと「生産台数計画」に関してはヒジョーに気を使ってると思われます。
一番良いのは受注生産なのでしょうがそんな簡単な問題ではないですからね

結局最初はネオジオミニの様に少ない位で生産、7月先行販売、
二次生産分は9月以降で需要に合わせての出荷が一番現実的だと思われます。
ただこれも問題があり発売から日が経ちすぎると
「お客さんのモチベーションが下がってしまう」(興味が薄れる)
「需要」に合わせて最初に生産が一番メーカーにも、ユーザーにも、小売りにもいいのですが・・・

プレイステーションクラシック・・・・
一体いか程の需要なんでしょうねぇ。


Source: なりゆきゲーム屋ブログ
PSクラシック、需要はいか程?